自己破産で人生リセット

自己破産で人生の再出発

借金で悩んでる人は世の中にたくさんいると思います。もちろん借金をする時には当然返済をすることが前提ですが、思いがけず返済計画が狂ってしまい多重債務に陥ってしまうこともあります。例えばリストラされた、減給になった、病気で会社を辞めた、ギャンブルにはまってしまった、教育資金でお金を借りた、保証を被ってしまったなど、本人の責任ではないことで不本意な借金に苦しめられることもあるのです。こうなってしまうと夜逃げするためにミニ引越しすることすらできません。そんな時どのようにすれば借金生活から抜け出すことができるのでしょうか。多重債務の解決法は基本的に特定調停、任意整理、自己破産、個人再生手続きの4つの方法が考えられます。その中で唯一借金を返さない解決策が自己破産です。ではどのような状況になった時に、どういう手続きで自己破産ができるのでしょうか。

 

 

自己破産は裁判所を通して借金を免じてもらう手続きですが一定の要件を満たすことが必要です。原則財産より借金が多いこと、今後も返済の見込みがないことなどです。もちろん自分でも裁判所で手続きを取ることは可能ですが実際には弁護士に依頼することが大半です。弁護士に依頼すると借り入れ先に受任通知書送付してくれます。そうすると業者は債務者に直接取り立てをすることができなくなります。もちろん返済も止まりますので、この時点で精神的にも、金銭的にも安定した生活が遅れるようになります。その後の手続きを経て免責が決定すれば今後一切返済をせずに済みますから生活を立て直し、再出発ができるようになるのです。尚、自己破産は業者に一定の負担を強いることになるため公平でなければいけません。よくあるのが破産手続きの前に不動産などの名義を変えておく、保証人に迷惑をかけたくないので債権者として届けない、返済ができないことが分かっているのに借金をかさねるなど、不正なことをすると後々不利になり免責が下りないケースも考えられます。自己破産の目的は免責を取ることです。免責が下りなければいくら破産の申し立てをしたからと言って返済を免れることはできません。また、ギャンブルや遊興費で借金をした時も免責不許可となるので弁護士との十分な打ち合わせが必要です。また、当然デメリットもあることを念頭に入れておいてください。お金の信用を無くすことになるので、信用情報機関に事故情報として記録されます。つまりブラックリストに名前が載るので今後5〜7年間はクレジットが組めなかったり借金をすることができません。また7年以内に再度自己破産をしても免責不許可となります。相続に関しても厄介なことになってきます。

 

参考:相続相談センター

 

自己破産をすると人生の落伍者だと考える人もいるようですが決してそうではありません。人生を再出発するための公的手続きなのです。弁護士費用の面で二の足を踏む方もいらっしゃいますが一定の要件を満たすと「法律扶助制度」を利用し弁護士費用を安く押さえ、分割で返済することも可能なので借金で困ったら早急に弁護士に相談するようにしてください。